1. HOME
  2. ブログ
  3. 熱海温泉の歴史とコンパニオン

熱海温泉の歴史とコンパニオン

熱海温泉の歴史

今や知る人ぞ知る、全国屈指の著名な温泉となっている熱海温泉ですが、古くは西暦749年、今から1260年前の由来紀にその名が記されています。

全国から多くの人が訪れる様になったのは1604年、徳川家康が64歳にして湯治のため熱海温泉を訪れたという記録からです。
1600年の関ケ原の戦いから4年、その後征夷大将軍となった1603年の翌年です。その後、徳川家康は江戸城に熱海の温泉を運ばせました。
以来、多くの大名が熱海温泉を訪れています。



江戸から明治にかけても、権力者や文豪など、様々な文化人が訪れることにより、一般の人々の間でもよく知られるようになりました。
近年では温泉ブームをキッカケに熱海温泉に訪れる人が増えるなど、現在でも注目を集めています。

コンパニオンについて

温泉旅館でのコンパニオンと一緒に宴会をする文化は、およそ30年ほど前に始まりました。男性客が野球拳をしていたところにノリの良いコンパニオンがお付き合いで始めたのがきっかけという説があります(諸説あり)。社員旅行や慰安旅行、接待旅行などを中心とした男性グループの宴会に需要があり、瞬く間に全国に広がりました。

「英雄色を好む」と言われますが、日ごろのお仕事で疲れた体と心を、温泉とコンパニオンさんに癒してもらう旅は、男性の嗜みとして親しまれてきたんですね。

コンパニオンならほのかへ

当館、「離れの宿…..ほのか」は、100名以上のコンパニオンが常時在籍する日本唯一の旅館です。

「一度遊んだら分かる、質が違います。」
のキャッチコピーに負けない、竜宮城体験をあなたにお届けします。 今なら、ほのか公式Twitterをフォロー&「#ほのか大好き」とツイートしていただいたお客様に、素敵な特典をご用意してお待ちしています。
温泉旅館のコンパニオンをまだ利用したことがない、という方も、是非これを機に利用されてみてはいかがでしょうか。過激で楽しい、新しい世界が体験できるかもしれません。

ほのか公式Twitter
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

空室情報

Loading...
<< 前月 | 次月 >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31  

空室あり
残り5室
キャンセル待ち・休館日

予約する

電話:0120-489-184